読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mantrog

京大漫トロピーのブログです

【12/19】煩悩についての自分語りは難しい

どうも、QPです。
ひと月前くらいに桂への引っ越しを済ませました(工学部なので研究室が桂にある)。平日は研究室に通い、休みには吉田(京大のメインキャンパス)に行ってカタンしたり麻雀したりアニメ観たりする生活をしています。
誰かカタンの勝ち方を教えてくれ~~~。


今年のアドベントカレンダーのテーマは「煩悩」ということで、煩悩に関わる範囲で最近のことを述べます。


アマガミを観た話
最近アマガミSSを観たんですよ。
僕が好きなヒロインは理想を追い求めたら綾辻さん。現実だったら薫に骨抜きにされるだろうなって感じ。絢辻さんはお互いを引き上げてくれて、薫は一緒に進んでくれるタイプ。

逆に嫌いなヒロインっていうと七咲なんですよね。相手が好きなようにさせ、自分が好きなようにする。どっちも煩悩に従ってどっちも堕ちていく最悪のパターン。七咲な~、って思ったけど、よく考えたら僕も周りを駄目にするタイプじゃねって思いまして、ただ今絶賛絶望中。
自分のされたくないことはしない、されて嬉しいことはする、を信条にしているので他人に対しては甘くなってしまう。
前日「他人に対して甘くない?」とのご指摘を頂いたし、今後気をつけていきたいかなーって。
アマガミの具体的なレビューについてはアドベントカレンダーの最後の方の日程で掲載するのでそっちを読んでください。



筋トレをしている話
冬になると体重って増えませんか?寒くて動かない上においしい食べ物も多いので煩悩に従うとどんどん太ってしまうんですよね。あまり良くないなと思いまして最近は筋トレをしています。やり始めたばっかでベンプレ全然上がらんしきつい~~~。
裏サンデー、マンガOneで筋トレ漫画も連載しているので紹介しときます。

ダンベル何キロ持てる? 1 (裏少年サンデーコミックス)

ダンベル何キロ持てる? 1 (裏少年サンデーコミックス)

ジムとかに行かなくても自重で筋トレできるので気軽にしてみては。結構心地よいもんですよ。
ちなみに腕立て、懸垂、スクワットさえしとけばいいらしい。



『ユーリ!!!on ICE』を観た話
『ユーリ!!!on ICE』がヤバいと聞いて観ました。4話ぐらいで『ユーリ!!!on ICE』のICEは「愛す」なんやなって思ったら5話でユーリの今年の滑走テーマは「愛」だって。まぁ5話は今までのユーリを昇華する話なので好き。個人的に愛っていうのはどれほど相手に誠意を見せられるかじゃないかなーって。だから6話の「僕が勝つって僕より信じてよ」ってセリフが好き。まだユーリは愛を与えられる側でしかないけど。7話の本来得意だったトリプルアクセル失敗して、そしてヴィクトルが得意な4回転トゥループに挑戦して失敗するところも好き。変化中って感じ。10話でようやくユーリがヴィクトルに指輪をプレゼントして愛を返す。今まで与えられる側だったユーリが与える側になり、二人の関係性が指輪の様に円環になるんですよね。あと指輪は穴でもあるからこれには腐女子もニッコリ。指輪をプレゼントするの最適解では?普通の作品としても出来がよいので皆さんも観てみてください。




                                                             
ここまで記事を書いて思ったんですけどこれじゃただの日記やんけ。
というわけで漫画を紹介します。

どういう漫画かっていうと百合トライアングルとホモカップルを両方とも描く話です。これだけ聞くと煩悩の塊っぽいね。
f:id:mantropy:20161219232642j:plain
しかし中身は純粋な愛はもちろん、一度作った関係性を進めることの怖さだったり、恋愛をちゃんと描いた漫画になっています。
それぞれのキャラへのスポットの当て方もしっかりしていて、個人的には『やがて君になる』をキャラ漫画よりにした感じかなと。


アステリズムっていうのはWikiによると複数の明るい恒星が天球上に形作るパターンらしい。星座みたいなもんやな。
つまり「ななしのアステリズム」ってのはこの5人が織り成す形であり、それぞれの気持ちの複雑模様でもあるんでしょうね。
個人的に鷲尾メインの回が多い4巻が最高だったので是非そこまで読んでほしい。滅茶苦茶気持ちよかった。




まとまりがない文章で申し訳ないがこれで終わりです。うーんオチが思いつかない・・・。しょうがないからあの画像を使おう・・・。
f:id:mantropy:20161219235912p:plain