読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mantrog

京大漫トロピーのブログです

【12/24】乾燥

財布がなくてもアイはある。Best Inoue JPです。最近見た映画の感想を書きます。宗教は関係ないです。

12/5
『螺旋銀河』草野なつか@立誠シネマ

・元々はantonymというタイトルだったようだけど分かりにくいとの指摘があって今のタイトルになったらしい。『螺旋銀河』ってどういう意味なんだろと考えていたら、入場の際に配られていた小冊子の監督のインタビューで全て語られていた。
・綾と幸子、ニ人の主人公で閉じた話。綾、幸子、寛人の三角関係を中心に話が進むように表面的には見えるが、寛人に与えられた役割は綾と幸子の間をつなぐメッセンジャーであって、綾と幸子二人の関係の変遷が話を動かす。寛人が綾に対し心情を吐露するシーンでは寛人は幸子の内面を映す鏡として描かれている。彼の内面を描いているシーンではない。脚本を素直に受け取れば、「孤独に苦しむ二人の女が特別な関係になることで孤独から解放される」話だと解釈できるが、そのような話ではないと思った。綾と幸子は同じ人間。同じ人間を共通部分を互いに含むよう分割したのが綾と幸子。孤独からの解放は提示された問題の表象でしかない。糞な社会を生きていくために我々が必要とするものはなにか?それが主題。


12/6
デジモンアドベンチャー tri 第1章』@tジョイ京都

・光子郎くんを無視して太一とヤマトが喧嘩しだすシーンで草生えた。
・1章で主に描かれていたのは太一の苦悩(自分たちの行いが正義なのかわからない)。こういうテーマを持ってくるあたり大人(括弧つき)向けの作品を目指してるんだなあ~。


12/7
『裁かれるは善人のみ』アンドレイ・ズビャギンツェフ@京都シネマ

・現実を正確に切り取るという試みは純文学のそれに近いのかなと思った。登場人物の苦悩が多面的に描かれることで、人間描写の深みが生まれる。「深さ」は「現実っぽさ」に繋がる。正直ロシアの世情とかしらんから全然理解できていないけど。知識がないと映画一本ろくにみれない。
・神父のセリフに登場するキーワード(レヴィアタン=国家=市長、ヨブ=コーリャ)からヨブ記が下敷きになっていることはまあ誰にでもわかるんだけど、こうあまりにもお膳立てがあからさまだとその文脈でしかみれなくなってしまう(自戒)。


12/9
遠い空の向こうにジョー・ジョンストン楽天レンタル

楽天レンタルを使う情弱。
・骨格はクラシカルな父と子の話。炭鉱夫=ロケットを見上げる人々。炭鉱夫は町が死につつあることを自覚しているが、状況を変える力を持っていない。用意された嘘だと知りつつも主人公たち高校生の快挙にあれだけ熱狂したのは、糞な現実にはもう希望は一つも残されておらず虚構に逃げ出すしかなかったから。面白いのはこの話が実話がベースでありまた高校生目線で描かれている点。作者は炭鉱夫たちへの「責任」を果たすためにこの話を書いたんじゃないかなと思う。


12/12
ガールズ&パンツァー 劇場版』水島努@tジョイ京都

・ああ^~気持ちいいんじゃ~


12/13
『her/世界で一つの彼女』スパイク・ジョーンズ楽天レンタル

・5分に一度休憩しないと見れなかった。話の流れがどうとかOSとの恋愛というSFチックな設定がどうとかそういうのはどうでもいい。人生を思い出して身につまされる。これ。見た人が好きなように自分の人生を投影してあれこれ考えればいい。


12/16
マルコヴィッチの穴スパイク・ジョーンズ楽天レンタル

・『脳内ニューヨーク』みよ。


12/18
『わたしに会うまでの1600キロ』ジャン=マルク・ヴァレ京都シネマ

・清原がお遍路さんしてるのみたときと同じ気分になった。


12/19
スター・ウォーズ/フォースの覚醒』J・J・エイブラムス@tohoシネマズ二条

・カイロ・レンみたいなエモいキャラが好きなんじゃ。


12/22
ドニー・ダーコリチャード・ケリー楽天レンタル

・青春恋愛映画、セカイ系、不完全なストーリー、カルト的人気……は!


12/23
殺し屋1三池崇史楽天レンタル

・「殺し屋1は垣原とイチのラブストーリー」という解釈がなぜ妥当なのかやっと理解した。映画は原作と違って「ジジイとイチのラブストーリー」でもある。

                                                                                                                                                                              • -

<おまけ>
今年劇場で見て面白かった映画ランキング
1 『恋人たち』橋口亮輔
2 『きみはいい子』呉美保
3 『セッション』デミアン・チャゼル
4 『さよなら、人類』ロイ・アンダーソン
5 『インヒアレントヴァイス』ポール・トーマス・アンダーソン
はよ『ストレイトアウタコンプトン』みたい。