読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mantrog

京大漫トロピーのブログです

【12/20】サロメ(ヘロディアの娘)

こんばんは!じあんです。「ひらり、コミックス」の起源にして頂点、袴田めら先生の

さろめりっく

さろめりっく

を紹介します。

どんな漫画?

f:id:mantropy:20151220174007j:plain
主な登場人物は黒川さろめ(黒っぽいほう)と白倉ひかり(白っぽいほう)のふたり。基本的にはさろめ一人称で話が進んでいきます。このさろめ、いろいろだらしない母親に女手ひとつで育てられたのもあって、かわいらしい見た目の割にやたらと達観した様子なのですが……

f:id:mantropy:20151220174129j:plain
そこはやっぱり百合漫画。「金魚王国」の藤代御風を思わせるような独白をこれでもかとかますクールなさろめと、初恋に翻弄される少女としてのさろめ。そのギャップこそがこの漫画の最大の見どころです。

具体例①

私は大人だからひかりを独占しようとしない。私の方が正しい。だからこんな悲しい気持ちになる必要はないの。」

f:id:mantropy:20151220174237j:plain
「ひかりが悪いんだ あたしと友達になりたいって言ったのはひかりなのに 帰るなんて すっごい傷ついた!! ともだちなのに……そんなに簡単にあきらめないでよ! 一緒にいてよっ……!!」

具体例②

「(彼氏と手をつなぐひかりを見て)ひかりにがっかりしたの だってひかりも独りで大丈夫な人間だと思ってた 誰にも依存せず 自分自身のことも肯定できる大人だと…それなのに 優しいから(ひかりは)同情しているの? 支配されるなんて真っ平でしょう? だからあんなつまんない男を相手にしなくていいんだよ そんな人に時間を捧げるなんてもったいないよ……」

f:id:mantropy:20151220174338j:plain
「気が付いてしまった ひかり どうか 私だけに ひかりの時間を、心を、からだを捧げて欲しい 結局私も一緒だった 優しさにつけこんで ひかりを思い通りにしたいと望んでいる 気がついていしまった 私は ひかりを支配したいのだ」

具体例③

「あたしはむじゅんしている 私を必要として欲しい 私が居なければ生きていけないくらいに おかしい 独りでも大丈夫な人が好きなのに ひかりが私の支配を受け入れたら 私の好きなひかりでは無くなってしまうのに」「ひかりのことを友人だと思っているから幸せを祈るのに いつのまにか私のいないところでの彼女の幸せを許せなくなった 私が居ることではじめてひかりが満たされてくれればいい でも私は(ネタバレ)なって 価値が無くなったからそもそも求められない だからこの気持ちを封じて私は消えるの」

f:id:mantropy:20151220174413j:plain
「ひかりが好き大好き ひかりが困ったとき頼れるのは私だけで 私が必要不可欠な未来を望んで欲しい

てなわけで、めんどくさかわいいさろめの気持ちの終着点は?そしてひかりの本心とは?
『さろめりっく』、おすすめです!
(じあん)