読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mantrog

京大漫トロピーのブログです

【12/5】少女漫画なんていかがです?

本日2回目の更新です〜〜〜〜!ナラシカですっ!Yes!
今年のアドベントカレンダーのテーマは「ホワイトクリスマス」です。

クリスマスなんか関係あらへん!あんなんただの平日や!

そんなあなたは、暇つぶしに少女漫画でも読みましょう。
漫トロピーのランキングは、男性向けに特化している気がするので、ここでは女性だけでなく、男性にも読みやすいオススメの作品を紹介します。


イタズラなKiss(フルカラー版):1

イタズラなKiss(フルカラー版):1

イタズラなKiss』は多田かおる作の名作少女漫画で、頭脳明晰でクールな入江直樹とちょっぴり(?)ドジなヒロイン相原琴子の織り成すラブコメディーです。

☆簡単なあらすじ
物語は、ヒロインの琴子が二年間片思いした直樹にラブレターを渡すところから始まります。直樹は琴子の手紙を読まずに「頭の悪い女は嫌いだ」と一蹴。
そんな琴子を、さらなる不幸が襲います。なんと、新築したばかりの自宅が、建築の不備によって倒壊してしまうのです。家を失った相原父子は、父親の昔ながらの親友の家に身を寄せることになりました。
しかし、その親友の息子こそが琴子を振った張本人、入江直樹だったのです。こうして二人は、同じ屋根の下で暮らすことになりーーー。

この入江直樹くんはほんっっっっと〜〜〜〜〜にツンデレで、しかもデレがわかりにくいもんだから、ヒロインの琴子ちゃんだけでなく、読者も一緒に彼に振り回されること間違いなしです。
また、タイトルにKissとあるように、キスシーンがとても印象的でした。入江くんはむやみやたらにキスをするのではなく、絶妙なタイミングを狙ってキスしてるんです。飴と鞭とは正にこの事やで……。

この作品は作者の急逝により、未完のまま連載が終了していますが、読み応え抜群の全23巻なのでガッツリ楽しめます。

23巻が多すぎるという人には同じ作者の『デボラがライバル!』もオススメです。全4巻なのでサクッと読めますね。


『デボラがライバル』は大学入学を機にマンションで一人暮らしを始めたヒロインと、その隣の部屋の住人デボラのラブコメディです。
デボラはオネエ言葉のオカマで茶道の家元の息子です。普段から茶道部で女性に囲まれて女として過ごしており、女性慣れしているのですが、ヒロインにだけドキドキしたり、過保護になったり……。最初は女友達として交流を深める二人が、次第に両思いになっていく過程が微笑ましいです。デボラの友達のオカマが出てきたりと、クスッと笑えるエピソードも盛りだくさんなので、恋愛漫画だと気負わず、気軽に読める作品だと思います。


それから、もう一作品だけ。

『GALS!』はちょっと女性向けかも。作者は藤井みほなさんです。
コギャルの寿蘭とその友人である山咲美由、星野綾がメインの登場人物となっています。
この作品の魅力は、主人公の蘭がとにかく熱血で、真っ直ぐなところにあります。蘭は自分の信念を貫き通す意志の強さを持っていて、その格好良さに目が離せなくなります。
ファッションが好きな人は、作中で蘭たちが着ている衣装や制服の着こなし方にも注目してみてください。
少し昔の作品ですが古臭さを感じさせず、今の私から見ても可愛い、真似したい、と思える部分がたくさんありました。

・・・

私自身まだまだ少女漫画は勉強中の身ですが、有名どころで読みやすいものを少しだけ紹介させていただきました。

クリスマスに予定がある方も、ない方も、皆さんそれぞれ素敵なクリスマスを過ごしてくださいね。
少し早いですが、メリークリスマス!
ナラシカでした。