読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mantrog

京大漫トロピーのブログです

【12/17】はぁ〜しあわせだぁ〜

皆さんこんにちは、ナラシカです。リア充に溶け込むことも、サブカルに染まることもできずに、大学とブンピカを往復する日々です。
12月25日が近づいてきましたが、皆さんはクリスマスをどのように過ごされますか? 私はTSUTAYAでイナズマイレブンのDVDを借りて、一人楽しく鑑賞会をする予定です。
皆さんはイナズマイレブンを御存知でしょうか? イナズマイレブンは同名のゲームが原作の無印、GO、ギャラクシーと世代を重ねている子供向けサッカーアニメです。毎週水曜日の午後七時から放送されています。また、コミカライズもされています。

ここであらすじをざっくりと紹介しておきます。
第一世代(無印)は、主人公の円堂守と幼馴染兼マネージャーの木野秋が廃部寸前のサッカー部を立て直すところから始まります。円堂の熱意に応えるかのように部員が集まりこのままうまくいくかと思いきや、全国大会40年連覇の強豪・帝国学園サッカー部に勝利しなければ廃部となることが決定してしまいます。しかし、エースストライカーである豪炎寺修也が加わった雷門イレブンは試合に勝利し、廃部を免れました。そして彼らはフットボールフロンティアに出場することになります。この後エイリア編、世界大会編と物語は続いていきます。
第二世代(GO)は従来の必殺技だけでなく、化身(化身アームド)、ミキシマックスという新要素が加わりました。第一世代から十年後、サッカーの勝敗はフィフスセクターという組織に管理されていました。物語は、主人公である松風天馬が雷門中サッカー部に入部したところから始まります。天馬は、自由なサッカーをするためにフィフスセクターへの反抗を決意します。その真っ直ぐな姿に、最初は反感を表していた雷門イレブンの面々も徐々に心を動かされていくようになりました。こうして天馬を筆頭に、フィフスセクターに立ち向かうため、雷門イレブンが立ち上がります。この後ホーリーロード編、クロノストーン編へと物語は続いていきます。
第三世代(ギャラクシー)はクロノストーン編が終了した直後の話です。物語は、世界大会の開催が発表されたところから始まります。日本代表であるイナズマジャパンのメンバーは雷門中の松風天馬、神童拓人、剣城京介を除いた全員がサッカー未経験者。そんなことはお構いなしに世界大会は始まって———。
私はギャラクシー再放送派なので、残念なことにリアルタイムでストーリーを追うことができていませんが、CMを見た限りだと現在は地球代表の地球(アース)イレブンとして宇宙人と戦っているそうです。本当に何でもありの超次元サッカーアニメなので、これくらいぶっとんでいた方がかえって楽しめます。
ざっくりとした紹介のみとなってしまいましたが、興味をもたれた方は是非お近くのTSUTAYAまで足を運んでみてくださいね!

(ナラシカ)