読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mantrog

京大漫トロピーのブログです

【12/21】クリスマスどころじゃないっすよ!!

どうも、おでんです。

この企画のメインの目的は『クリスマスに読みたい漫画』を紹介することなので、前回の記事のように自分を売ることなく、普通にクリスマス漫画を紹介しようと思っていたのです……


皆さん、12月21日ですよ。21日。

人類滅亡の日じゃないですか!!

クリスマスを迎える前に人類が滅亡するかもしれないのに、のんきにクリスマスに読みたい漫画なんて紹介してられないっすよ!!


ということで、ひそかに書き上げていた『痴漢男』の紹介の記事内容を消して新たに書きました。

僕から紹介する漫画はこれです。


『新次元アセンション

新次元アセンション 1 (ジーンコミックス)

新次元アセンション 1 (ジーンコミックス)

あらすじ

2012年、日本、神奈川県近郊――。中高生の間では「トリガー」と呼ばれる「頭が良くなるCD」が流行していた。しかし、トリガーを聞いた者の中から次々と異常な行動を起こすものが現れ始める。高校生の天海千年はトリガーを聞いて行方不明になった親友の謎を追ううちに、今現実に起こっている「世界の異常」に近づき始めた・・・!これは、「ただの漫画」では済まされない。今、現実に起こる危機を体感せよ!!(コミックジーンのHPの紹介文より引用)


ちなみに、PVがこちら

新次元アセンション1巻PV.mov


この漫画では、2012年人類滅亡説がマヤ暦だけでなく、ホピ族の予言やアステカの『太陽伝説』、旧約聖書にコーラン、易経、ミドラージュ、「日月神示」にも残されていると指摘していたりして、信憑性のありそうな論(それでも胡散臭いが)を展開しているかと思いきや、ロスチャイルドの世界統治、3.11はHARPにより引き起こされた人工地震、などの陰謀論とかも言ってたりして、虚実を織り交ぜながら物語を進めており、結構読みごたえがあります。


ちなみに、コミックジーンで連載されているこの漫画、最新号でもまだ人類滅亡していません。どうなるでしょうね。次号が販売されるときはもう21日過ぎてるぞ……


絵柄が腐女子向けっぽいとかありますけど、内容はなかなかしっかりしているんで、ぜひご一読を。

(おでん)