読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mantrog

京大漫トロピーのブログです

【12/9】涙のクリスマス

どうもっす、おでんっす。

漫力(漫画を読む力)の低い僕にとって、クリスマス漫画と言えばコレ!!って感じの漫画が全然思い浮かばなかったっす。やばいっす。とにかく自分を売って乗り切ろう。


クリスマスの思いで(長いので漫画紹介まで読み飛ばしても良い)

まぁ先輩方が色々言われてますけど、クリスマスに漫画を読むのってアレですよね。その、友達・恋人からの誘いもなく、ひとり自室に籠って漫画を読む感じになりますよね。リア充死ねって思いながら。相当きついですよね。

僕も高校一年の時に体験したんですよ。当時、付き合ってる女の子の誕生日が12月25日だったんです。この彼女は中学三年の時に同じクラスで、そこから違う高校にそれぞれ進学することになったので、遠距離恋愛みたいな感じで付き合っていたんですよ。

普段はやっぱりなかなか会えないので、彼女を喜ばせようと思って誕生日パーティーとクリスマスパーティーをサプライズで計画してたんですよ。そして準備も整ったところで、いざ、25日に彼女に予定が空いてるか確認したら、無理とか言われたんですよね。

普通「は?」ってなりますよね。でも、その時の僕は「やっぱりクリスマスだし、家族でお祝いする感じなのかな?」とか楽観的に考えて自分をごまかしたんですよね。


それから数日後の12月22日に中学の同窓会が開かれて、僕は出席しました。そこに彼女も出席していて、「あれ?出席するとか聞いてねぇ」とか違和感を感じたんですけど、久しぶりに会えたし、あと何で25日が予定空いてないのかも聞けるからいいや、と思い直しました。

自分がプレゼントをしたことのないような指輪もはめていたんですけど、「ファッションだろ」とか思ってスルーしてました。よくよく考えればフラグ満載ですよね。他にも、「眼鏡似合ってるよ」って言ってたのにコンタクトにしてるし、髪の毛ロングからショートにしてるし。明らかに他の男の色に染まってます感が出てたんですよ。けど、繰り返し言いますけど、当時の僕はスルーしてました。

同窓会がいざ始まると、卒業してまだ一年と経っていなくてもかなり盛り上がりました。場もあったまったところで、話題が恋バナに移ると、誰かが「○○ちゃん(彼女の名前)って彼氏居るんだよね?聞いたよーw」と言いました。おいおいマジかよ!?と。実は自分が付き合ってるのは秘密にしてたんです。

「俺の名前が出たらめんどくさいな、バレたくない…」とか思ってたんですけど、話が進んでいくにつれ、その彼氏の特徴に自分が一ミリも当てはまってないことに気づいたんですよね。彼氏は同じ高校の野球部の男とか言われてたんですけど、俺は高校も違うし、野球部でもないぞ?と。


頭が真っ白になって、そこからは覚えていません。同窓会後、彼女と一緒に帰っている時に「別れよう」と言われたことだけ覚えています。



その数日後、彼女と同じ高校に通っている友達に相談したら、「え?お前○○(彼女の名前)と付き合ってたのか?うちの高校ではビッチで有名だぞ。野球部の男食いまくり」とか言われました。高校デビューした彼女は野球部のマネージャーになりハイパービッチと化していた事実が知らされ、僕は泣きましたよ。クリスマス当日には、彼女が野球部の坊主頭の面々にレイプされてるのを想像しながらオナニーをしました。

それから一人で自室で読んでいた漫画がこれです。

中華一番!

あらすじ

自分にとってのクリスマス漫画なんで、内容は全くクリスマスと関係ないです。あらすじは伝説の厨具を巡って料理人が命がけの料理バトルの旅に出るという内容ですね。(適当)

気が向いたら読んでください。


ここまで書き上げたところで、「クリスマス漫画」ではなく「クリスマスに読みたい漫画」がテーマであることに気づいてしまったし、アホみたいに長くなりました。すいません。

(おでん)