読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mantrog

京大漫トロピーのブログです

【12/1】クリスマスに読みたい漫画?

どうも、zekiです。
アドベントカレンダーやります!」企画の1番手を努めさせて頂きます。まあ最初ということでそんなにいきなりぶっ飛んだこともできないので真面目に(?)やろうと思います。

クリスマスに読みたい漫画とは?

クリスマスと言えば、世間は浮かれてるわけじゃないっすか。恋人とイチャイチャなんかしたりして。そういう時にどういう漫画を読みたいかなあって考えた時、あえて読んでてつらくなるような漫画を読むことで、精神を鍛えるといいのではないかと思い至りました。で、今まで読んできた漫画の中で一番つらい気持ちになったのってなんだろうと思い返してた時に真っ先に思いついたのがこちら、

最終兵器彼女全7巻 完結セット  (ビッグコミックス)

最終兵器彼女全7巻 完結セット (ビッグコミックス)


最終兵器彼女』です。

最終兵器彼女』のつらさ

この漫画のつらい部分は、まず序盤の主人公のシュウジとヒロインのちせがイチャイチャしてるのがつらい。なんでこんな可愛い女の子に告白されてんだよ主人公。腹パンすっぞオラ。しかも恥ずかしいとか言って調子乗ってるし。
次にヒロインが健気すぎてつらい。シュウジに一途だし、人類のために“最終兵器”になって戦いまくったりしてるし。その間シュウジは他の女に流されたりするし。
あとラストがわけわかんなすぎてつらい。一応エヴァとかとまとめられて「セカイ系」って言われる作品なわけなんだけど、実際「きみとぼくの世界」というか、主人公にとっての世界が世界のすべてみたいなカンジで、ラストも主人公とヒロインだけが救われる(いや、救われてないか)みたいなストーリーで、えっえってなる。今までの話はどこへ行ったん?みたいな終わり方で、2人以外の登場人物のこと考えるとつらい。
つらいつらい言ってるけど、まあちゃんと漫画として上手いなあと思わされる部分もあって、でもそれは紹介しないので実際に読んでみてください。

俺と『最終兵器彼女

この漫画を読んだのは確か中学3年の時で、当時PSPが出て1年くらい経った頃かなー、UMDって言われるPSP用のディスクでアニメ版最終兵器彼女が発売されてて(今考えるとよくUMDなんかで出したよな)、友達がそれを途中まで買ってたから借りて観てたんだけど、そいつが途中で買うのやめちゃって。でも続きが気になるからって、原作の漫画に手を出したのが運の尽き。全巻一気に読み通してショックを受けて色々やる気なくなった記憶がある。実際、漫画自体そのあと高校卒業するくらいまで読み返せなかったなあ。でもすごい作品っていうのは、単に楽しい作品だけじゃなくって、頭をガーンって殴ってくるタイプの作品も含まれると思っていて、そういう意味ではすごい漫画だったんだなあって思ってる。

なんとなくで書き始めたけど、こうやって書いてたらもう一度読みたくなってしまった。今度実家に帰った時に持ってこよう。

(zeki)